【働かないオジサン論】年功序列 VS 同一労働同一賃金 どっちがいいのかを改めて考える

【働かないオジサン論】年功序列 VS 同一労働同一賃金 どっちがいいのかを改めて考える社会人生活

どうも部員Xです。

今回の話は毎度おなじみの「働かないオジサン」系の話でございます。

私の中で整理しきれていない問題があって、それをなんとか片付けたい(自分的な結論を見つける)という、お得意内心垂れ流しの想像妄想憶測な記事です・・・w

 

テーマは

年功序列 VS 同一労働同一賃金

自分にとってどっちがいいのかを真剣に考えてみたいと思います。

ここでいう、年功序列とは「働かないオジサン」になれる土壌がある、ということになります。

 

私、ブログでたびたび「働かないオジサンになりたい!!」という記事を書いていながら、その次の日には「同一労働同一賃金はよ普及しろ!!」と、ぶっちゃけダブルスタンダードなことをけっこういっているわけです。

これにはちゃんと理由がありまして、私の勤め先が典型的な年功序列・終身雇用の昭和型日本企業の雇用形態であるという点があります。

 

その結果・・・

私の職場には「働かないオジサン」が実際に多数存在しており、それをみて、同一労働同一賃金がいい!!いや、「働かないオジサン」(年功序列)こそ至高!!と日々どっちがいいのか揺れ動いている、というわけです。

 

同一労働同一賃金系の記事↓

【働き方改革】育休と同一労働同一賃金は両立できるの?【はよ実現してほしい】
さて今回は、最近話題になっている育休取得推進の流れについてちょっと考えてみたいと思います。時短勤務制度とかも含め、同一労働同一賃金の考え方とマッチするのかという点に絞って考えてみます。
【既得権益との】冷静に同一労働同一賃金を考えてみる【戦いか】
さて、今回は同一労働同一賃金について少し考えてみたいと思います。 メインのテーマとして、あれ、これ日本じゃ無理じゃね・・・?という話です。 障害となるのは既得権益化している「手当」ではないかと。
【愚痴】独身者被差別論に切り込む!!【押し付けられる存在】
どうも部員Xです。今回は愚痴記事です(長文)。人事の不満を解決するには、金で差を均す。これしかないと思うんですよね。同一労働同一賃金ってことです。
【就職だけではなかった】氷河期世代に「負」を全部押し付けすぎな件
氷河期世代が押し付けられた負を整理しました。氷河期世代の雇用対策を・・・!!と最近良くニュースになってますが、うまく行かない気がするのは自分だけでしょうか。にしても氷河期世代って、ホントキツイ。団塊世代、バブル世代の「ツケ」「負」をすべて背負わされている、と。
【正規と非正規】竹中平蔵さん悪くない論は一考に値する【どっちが悪い?】
どうも部員Xです。いろいろ叩かれ気味の竹中平蔵さんですが、労働関係の考え方について私は割りと賛成、という話をしたいと思います。※ビジネス系YouTuberであるタナカキミアキ氏の動画をみてこの記事を書こうと思いました。

働かないオジサン系の記事↓

【喰うか】働かないオジサンは生存戦略の勝者【喰われるか】
どうも部員Xです。週刊SPA!の記事で「働かないオジサン」の生存戦略が取り上げられていたので、紹介したいと思いますw 
【そう簡単に】公務員は「メンタルの強い無能」の天国??【クビにならない】
どうも部員Xです。「メンタルの強い無能」の天国は公務員です。とくに地方公務員はおすすめですね。意識低い系メンタル強者は公務員を目指しましょう!!
【不況時に】公務員のメリットを改めて考える【叩かないで】
今回の記事は、「収入源としての公務員の魅力」について少し考えてみる、これが事のメインコンセプトです。ザ・年功序列、そして非同一労働同一賃金。それでも公務員はベターな選択肢のひとつだと私は思います。
アフターコロナの「働かないオジサン」を考える
どうも部員Xです。先日、パッと思いつくアフターコロナはこうなる!!という内容の記事を書きましたが、今回も同じような話で、アフターコロナの「働かないオジサン」を考えてみたいと思います。
【働かないオジサンへの近道】3年やってなんぼ論について
どうも部員Xです。今回は埼玉西武ライオンズ伝統の「3年やってなんぼ査定」の考え方を、社会人に応用してみたいと思います。結論的に、3年頑張ってみて自分の行く末を考えてみても遅くないのでは?と。そして目指すべきは「働かないオジサン」!!??と。

(こんなに書いていたか・・・w)

 

典型的な年功序列・終身雇用の昭和型日本企業で働いて思うこと

で、この実際にこの「働かないオジサン」(年功序列・終身雇用の昭和型日本企業の雇用形態がうんだ忌み子、いや聖域)を見ているとですね、下の2つの考え方が脳裏をよぎるわけですよ。

 

①同一労働同一賃金 脳

〇〇さんって、オレより全然働いてないのにオレより給料高いんだよなぁ。◎◎さんのいる事務所って、事業費ほぼゼロなのに、何やってるんだろう。クビにすればいいじゃん。

△△さん、また居眠りしてる。完全に干されてなんも仕事してないのに、なんでクビにならないんだろう・・・

同一労働同一賃金にして、働いてない人の分の給料を働いている人の給料にちゃんと反映して欲しいなぁ・・・。

②年功序列(働かないオジサン志望) 脳

○○さん、なんにも仕事してないのにクビにならないの、すげぇ羨ましいな。オレもそのポジションに付きたい!!んで、定時退社、有給休暇消化しっかりして、副業(の勉強)したり、趣味の時間に使ったほうが人生全体のQOL高いんじゃないか?
◎◎さん、完全に窓際族(閑職)なのに、なんで月20時間きっちり残業してるんだろう。あの人のタスク量からみたら、明らかに生活残業というか小遣い稼ぎしているとしか・・・それでいてオレの給料より全然高いし・・・正直うらやましい!

 

こんな感じですw

 

 

 

わかってくれる人はわかってくれると思うんです、この相反する2つの考え方。「働かないオジサン」をみて生まれる、2つのマインドです。

ポイントなんですが、①も②も、合理的思考といえると思うのです。

同一労働同一賃金はどう見ても合理的だし、労働者にとっても経営者にとっても良いシステムだと思います。②の考え方も「見方によっては」超合理的思考。年功序列・終身雇用で給料だけ上がっていくなら、できるだけ仕事は増やしたくないし、休みが多いほうが個人単位で見たら合理的ですよね。ただ、②は大企業や公務員など、「隠れる森がある」ことが前提です。中小零細では絶対に無理なスタイルです。

 

同一労働同一賃金が理想的で、その方がいいに決まってるんだけど・・・オレ以外の人が頑張ってくれるなら「働かないオジサン」担ってしまったほうがいいのではないだろうか・・・

幸いにも従業員がたくさんいる大企業だし、オレが「働かないオジサン」になっても仕事はどうにかなるだろう・・・

↑こんな感じで、葛藤しているということですね。

んで、こんなことも考えます↓

同一労働同一賃金にうちの会社の雇用形態を改めるのが一番理想的でもあるけど、オレにはそんな権限ないし、そもそも年功序列終身雇用の形態で出世してきた決定権のあるオジサン達がそうそう同一労働同一賃金なんて導入しないだろうしなぁ(評価システムがないし、評価されると給料落ちる人も多数いる)。

組織を中から改革する労力は正直、かけたくないし、だったら辞めるか、もしくはオレ自身が「働かないオジサン」になるか

・・・

みたいなマインドでざいますw

この話、わかってくれますよね?

 

んで、改めて私がどっち派なのか考えたんですが・・・やっぱ、②の「働かないオジサンを目指す」って考え方の方が私の本線ですね・・・w

※※本当の理想形は、早期リタイア(サイドFIRE)を早くしたいってのがありますが、リーマンやるならどっちがいいか、って目線です。

 

「働かないオジサン」を目指す条件

働かないオジサンを量産できる土壌は、以下と考えます。

 

①大企業・公務員で従業員、職員が多めにいる

⇒中小零細だと首になってしまうが、公務員大企業だと基本的にクビにならないため。また、人数が多いと、自分に対する風当たり(働かないオジサン化する過程で受ける様々なこと)がマイルドになる可能性高いですね。

 

②年功序列で給料が平均以上

⇒当たり前ですが、若手より働かないオジサンの給料がしっかり高い勤め先がオススメです。

 

③福利厚生がしっかりしている(とくに家賃手当)

⇒閑職ともなると僻地へ飛ばされることもあるでしょう。その際にはしっかり家賃補助の出ると働かないオジサンを選択した効果(時間ができるので、趣味とかにお金を使うこと)がより発揮されるので家賃補助ふくめ、福利厚生があるといいでしょう。

 

④先人がいること

⇒すでに「働かないオジサン」がいることも重要です。「働かないオジサン」にもいろいろな類型がいるので、自分に合うタイプの「働かないオジサン」がいるか、確認をしましょう。

 

こんなところでしょうか。

やっぱ、前提は大企業・公務員であることが良いと思います。私の勤め先も一応、公務員っぽい大企業ですので、「働かないオジサン」狙えるポジションですw

 

ハードルは自身のプライド

私の率直な今の気持ち(40歳でどういう職業観、働き方をしているのか)は、「働かないオジサン」になるorセミリタイア生活する、の2択になっておりますw

自分で言うのもなんですが、私、今の職場ではまぁまぁ期待されているというか、1戦力として十分計算の立つ兵隊ではあるのでこのままいくと管理職にさせられそうなのです・・・これを避けたいんですよね。

なので、うまくフェードアウトしたいんだよなぁ・・・。あまりマイナスな印象を持たれないような「働かないオジサン」へのプロセスは可能なのだろうか・・・。これが今後の研究・検討課題ですかねw

メンタル壊れたフリをする・・・これが有力な案なんですけどね、これをやっちゃって良いのか、と一応私なりに葛藤があるわけですね。ミジンコ以下のプライドが「働かないオジサン」化を邪魔するというか・・・(ミジンコに失礼)。

 

セミリタイア生活目指すのもありだよなぁ・・・。

 

おわりに

同一労働同一賃金が理想的だけど、クビにならないなら「働かないオジサン」になってしまうのもあり・・・という、まぁ生産的とは決して言えない検討をしてみた結果、私としては会社を辞めないなら「働かないオジサン」で行くのがいいのでは、と結論つけました。

同一労働同一賃金が理想なら、今の会社を退職するしかないのですね。それはそれでもったいない気もするし。かといって今の職場で出世するのは、管理職の働きっぷりを見ると絶対にしたくないし・・・。

ということで、「働かないオジサン」を目指す!!

 

でも、どういうプロセスをへて「働かないオジサン」になるのかは、今後もう少し考えないと行けないなと。コレが課題ですね。なんというか、こんなことに脳みそ使っていのかなぁと一考ですが、合理的に考えてそうなんだもん、仕方ないですよねw

 

ということで、今回の話は以上です。

ではまた。

 

--------------------以下広告--------------------

↓↓私(部員X)のメイン証券会社はSBI証券!!米株ETFを日本から最安で買うにはSBI証券ですね。

--------------------ブログ村--------------------

ブログ村参加してます。クリックよろしくお願いいたします。

※クリックするとブログ村ランキングのリンクに飛ぶだけです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ   にほんブログ村 環境ブログへにほんブログ村 にほんブログ村

コメント