【理想の働き方】「大排気量自然吸気エンジン」のような働き方

【理想の働き方】「大排気量自然吸気エンジン」のような働き方社会人生活

どうも部員Xです。

今回はお得意の妄想記事。働き方について日々考えている私。

そんな私の理想的な働き方とは・・・?

 

結論としては、

大排気量自然吸気エンジン的な働き方

 

・・・何言ってるかわからないと思いますけどww

わかる人はわかってくれる系の話。

 

大排気量自然吸気エンジン(4L V8以上のイメージ)の特徴は

・燃費は良くない

・税金は高い

・重いしデカイ

 

と・・・正直、今の時代にあってなくて、パワーユニットとしてのメインストリームはダウンサイジングターボやHV、EVに移行してきてます。

 

でも、大排気量自然吸気エンジンは、

・アイドリング回転数でもトルクフルで街乗り・高速とかめっちゃ楽

⇒アクセル踏まないでもグイグイ進む

・回転数上昇とリニアにパワーが出る

⇒アクセルを踏んだ分だけキレイにパワーがついてくる

・多気筒だと回転フィールなめらかでレスポンスよし

⇒高回転まで段付き無く上がっていく、アクセルワークとパワーがシンクロする。

 

といった特徴もあるのです。

故に、いい面悪い面の両面鑑みた上で、大排気量自然吸気エンジンは贅沢品って言われるんですね。税金高い、燃費悪いけど、ドライビングプレジャーは最高だ!ってね。

 

フェアレディZ、スイフト、レクサス…今味わうべき現行NAエンジン車 6選 - 自動車情報誌「ベストカー」
澄み渡るサウンド、淀みないパワーとレスポンス……。今や自然吸気(NA)エンジンは“絶滅危惧種”となりつつあるが、ターボエンジンには替え難い魅力がある。 ひと昔前まで「燃費が悪い」というイメージが強かったターボエンジンながら、近年欧州メーカー…
「大排気量・自然吸気」という今や禁じられた(?)贅沢はC63 AMG エディション507で堪能する!
近頃は車のエンジンも「ダウンサイジング」がブームで、実用車であれば1.2Lぐらいの小排気量+過給器という仕様が中心となっており、いわゆる高級車でも4気筒1.6L+過給器なんてのが結構多い。さらにはフェラーリやポルシェでさえ、以前よりはエンジン排気量をいくぶん小さくしているのが今という時代だ。
豪快な加速に酔いしれる!? 高性能な大排気量ノンターボ車5選
近年、欧州車を中心に普及したダウンサイジングターボエンジンは、日本でも一般的になりました。小排気量のエンジンにターボチャージャーを取り付け、出力を維持しながら小型軽量化や燃費の向上が期待できるため、多くのクルマが採用しています。一方で、数を減らしているのが、自然吸気の大排気量エンジンです。そこで、スポーティな大排気量エ...

 

そんな大排気量自然吸気エンジンみたいな働き方とはどういうことか、説明したいと思います。

 

アイドリング状態でもグイグイ進む!!

そもそも自分の理想的な働き方って、程よい負荷(業務量、眠くならない程度に忙しい)でマターリノンストレスで働くこと。

つまり、あまり仕事でやる気を出したくないんです。これ、まさにアイドリング状態ってことです。

アイドリング状態(アクセル踏んでない)で仕事を回すことが、働き方の理想なんですね。

 

で、アイドリング状態でもトルクフルなエンジンといえば、大排気量自然吸気エンジンってことなんです(EVはそれこそゼロトルクだけどw)。ダウンサイジングターボも最近は低回転でも十分トルクフルですが、やっぱ大排気量自然吸気には劣るわけ。

 

これ、実際に高速道路とか街乗りでわかるんですけど、排気量のあるNA(自然吸気の略)車って、アクセルほとんど踏まない状態でもかなり前に進む力があるんです。クリープでもグイグイ進む感じ。なので、アクセルワークがすごく楽で、運転がスムーズ。ゆえに、より周りの安全に気を配れるわけです。

 

アイドリング状態(本人としては全然やる気出してないのに)でもグイグイ進んでいく(仕事をこなす)、そういう働き方が理想的。これが今回の記事で一番言いたいことですね。

 

でも 燃費悪い=給料は高い

アイドリング状態でもグイグイ進むのは素晴らしいことなんですが、信号停止中は丸丸損。そもそも大排気量自然吸気は熱損失が大きいため(当然ながら多気筒を回すには、大きなエネルギーがいる)、燃費が悪いのが欠点・・・

これ、働き方(というか、労働者として見ると)として考えると、燃費悪い=給料高いってことなんですよねw

 

経営者側からみたら、究極の労働者は「無休で働く従業員」(永久機関、熱力学的にはありえない存在)でありますし、理想形はカルノーサイクル型の労働者(実際に現実的ではない、理想的な熱機関)であるので、できるだけ燃費悪い労働者は雇いたくないはず・・・

 

カルノーサイクルとは
カルノーサイクル - Wikipedia

 

「燃費悪い労働者=与えられた給料に見合う仕事をしない人」と考えると、クソみたいな人材と思うかもしれませんねw それこそ働き方オジサンみたいに。

でも、働く側(労働者側)としては理想的。アイドリング状態でそこそこの仕事して、そこそこの給料がもらえるわけですから。だったら、そっちのほうがいいですよね。

 

ブラック企業で搾取されている人って、パワーユニットで例えるなら、低排気量NAで高回転までブン回して、絞れるだけ絞る、そんなイメージ。

霞が関の官僚さんとかはパワーユニットで例えるなら、昔のホンダF1エンジン1.5Lターボみたいな、超絶エンジン。燃料として「ヤリガイ」という名のトルエン(オクタン価アップ)をぶち込んで、超高負荷環境で究極的にパワーを絞り出し、ぶっ壊れるけど、引退後に褒め称えられる可能性のあり・・・そんなイメージw

 

えっと、要するに、会社側からは微妙な存在であっていいってことをいいたいんです。

大排気量自然吸気エンジンのような働き方は、給料そこそこ高くて、アイドリング状態でもまあまあ仕事こなすという、まぁ微妙なヤツなんですよ。でもそれが理想的ってことです。

 

(・・・なに言いたいかわかってくれるかなぁ・・・、すげぇ心配ですが、このブログは何書いてもいいで、突っ走ります。自分の文章力のなさは棚に上げますw)

 

それでも、やるときはやる!!アクセルべた踏み!!

アイドリング状態で仕事が回ればいいんです、トラブル対応や繁忙期はアクセル踏んで本気を出す必要もあるんですが、そういうときも大排気量自然吸気エンジン的な働き方ができると理想的です。

 

大排気量自然吸気エンジンは、アクセルレスポンスが非常にいい!!

という特徴があります。

 

これを働き方に当てはめると・・・やるときはやる!!アクセルべた踏みでパワーを絞り出すこともできる!!そんな感じです。

その上、大排気量自然吸気エンジンは回転数とパワーがリニア(比例的直線的)なので、限界領域でのコントロールが効くわけです。ドッカンターボだと、やる気出したらとんでもない方向に行った(残業して徹夜してできたアウトプットがぜんぜん見当違いのものだったり)り、エンジンブローのリスクもありますからね。そもそもターボ車のほうが、補機も多いしメンテも大変ですしね。

 

あ、あと、ターボ車より大排気量自然吸気エンジン車のほうが保険料安いってのも面白い着眼点かも・・・w

大排気量自然吸気エンジン車って、レクサスとか高級車に多いので、交通事故、車両故障などの保険事故が起こりにくいんですね。(ランクルとか、盗まれやすい大排気量自然吸気エンジン車はありますが・・・)

 

なので、多少コストは高くても、大排気量自然吸気エンジンのような働き方をする従業員を雇うメリットはけっこうあると私は思うわけです。

 

(・・・なに言いたいかわかってry

 

おわりに

また読んでくれる人にとって、全く価値のない記事をそれなりの時間をかけて書いてしまった・・・

 

でも、まったく後悔も反省もしておりませんw

書きたいことを好きに書く!投資系の話がメインですけど、働き方とかその辺のネタで感じたこと、思ったことを今後も書きなぐっていきますので、よろしくおねがいします。

 

さて、今回の話、伝わっているか不安ですw

 

他に例えると、ドラゴンボールでセル戦前に精神と時の部屋から出てきた悟空と悟飯がナチュラル超サイヤ人みたいな状態になってたじゃないですか。ああいうイメージ。怒りがなくても超サイヤ人状態。

ようは、本人はやる気ぜんぜん出してないけど、グイグイ仕事こなして、捌いていくような働き方ってことです。

 

つまり、大排気量自然吸気エンジン的な働き方ってのは、本人が努力・勉強してボアアップをちゃんとやっていった結果とも言えるわけです。でも、基本的にはアイドリングで働きたい(頑張りたくない)そんな感じ。

ブン回すときは高回転までブン回してレブリミッター当てまくりでパワー絞り出すこともでき(残業代を燃料にして・・・w)、頼りになる存在であると。

そうじゃないと、燃費悪いの許してくれないですからねw

 

以上、「大排気量自然吸気エンジン的な働き方」でした。

 

ではまた。

 

--------------------以下広告--------------------

↓↓私(部員X)のメイン証券会社はSBI証券!!米株ETFを日本から最安で買うにはSBI証券ですね。

--------------------ブログ村--------------------

ブログ村参加してます。クリックよろしくお願いいたします。

※クリックするとブログ村ランキングのリンクに飛ぶだけです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ   にほんブログ村 環境ブログへにほんブログ村 にほんブログ村

コメント