【本当に】夏場の徒歩通勤の最適解とは【どうでもいい話】

俺は家からだいたいドアドア徒歩15分くらいで
職場につく通勤を毎日してます。

 

自転車でもいいんですけど、多少は運動したいので
徒歩にしてます。自転車なら信号のつながりが良ければ
5分かからないかも。

 

さて、本題の話ですが、夏場の徒歩通勤についてです。

 

最適解はなんなのか、考えてみたいと思います。

みなさんも、なにが最適解なのか、考えてみましょう。

※なお、日傘や流行りの手持ち扇風機とかは使わない
前提とします。また日陰を積極的に通ることとします。

想定は朝から30℃湿度80パーくらいあって、日差しもあるという状況にします。

 

スポンサーリンク

 想定されるパターン

①時間最小化パターン

・多少速歩きしてでも早く職場につくスタイル。

・信号なども積極的に渡る(赤で渡るという意味ではなく、シーケンスを読んで
このタイミングで走れば、間に合う!というときは走るという意味)

 

メリット:早く職場につく、日差しを浴びる時間は少ない

デメリット:発熱量は大きい

 

②発熱量最小化パターン

・考え方は①の逆。歩くことに体力を使わない(発熱させない)スタイル。

・信号は無理して渡らず、自然体で行く。結果、待つことも多い。

 

メリット:職場についたときの発熱発汗は①より少ない。

デメリット:時間がかかる。日差しは多く浴びる。

 

スポンサーリンク

 自分なりの最適解について

この2パターンが基本パターンで、これについて考えていきます。

いやチャリでいけよ!とかそういうツッコミはなしでお願いしますw

 

自分は①派で、けっこう速歩きしてますw

んで、信号で待つ時間を極力減らすようにしてます。

 

エネルギー保存則でいうと、同じ距離を同じ重さのものが移動しているので、

消費エネルギーは同じはず・・・。

 

と思ったのですが、ググって先人たち調査結果を見てみると、
同じ距離をジョギング、ウォーキングした場合は、ジョギングの方が
消費カロリーが多いという結果でした。

 

先人たち①↓

【実験】「歩く」と「走る」で消費カロリーは違うの?走る時間でも変わるの?
ダイエット実践の際、しばしばその目安として「カロリー」を意識されることがある。インターネットで検索しても、「摂…

先人たち②↓

ジョギングとウォーキングの消費カロリー | いま走りたくなるメディア - スポリート
ダイエットしたい方にとって比較的始めやすいのがウォーキングやジョギング。どちらも有酸素運動なので健康に良さそうですが、カロリー消費量はどちらが多いのか気になりますよね。カロリー消費量に目を向けつつ、効果的な運動についてお話します。

 

ジョギングは上に飛ぶ力が歩くのより大きいこと、
着地時に運動エネルギーを熱に変えていること、など
考えてみると歩くより明らかに無駄が多そうです。

 

普通の歩きと速歩きでも同じことが言えることだと思うので、
省エネ派の人は自然体で歩くのがいいと。

 

逆に、時短と少しでも運動に・・・に価値を置く人は

速歩きで通勤したほうがいいと言うことになります。

 

 

え~結論として、どちらも合理的に見えますw
走るくらいならタクシーか、チャリを買う、と。

 

なにに価値を置くかで、夏の徒歩通勤の最適解は人それぞれって

ことですね。

 

以上

ではまた。

 

【★最大2000円OFFクーポン★】アシックス ランニングシューズ パトリオット10 メンズ 1011A131
created by Rinker
家庭用ウォーキングマシン WalkRo/ウォークロ ルームランナー 電動 運動器具 健康器具
created by Rinker

--------------------以下広告--------------------

↓↓私(部員X)のメイン証券会社はSBI証券!!米株ETFを日本から最安で買うにはSBI証券ですね。

↓↓普段飲んでいる水は水道水ですが、外に出る時は買いだめしたクリスタルガイザー飲んでます。防災備蓄としてもオススメ。

クリスタルガイザー 水(500mL*48本入)【rdkai_04】【クリスタルガイザー(Crystal Geyser)】[水 ミネラルウォーター 500ml 48本入]【送料無料(北海道、沖縄を除く)】
created by Rinker

--------------------ブログ村--------------------

ブログ村参加してます。クリックよろしくお願いいたします。

※クリックするとブログ村ランキングのリンクに飛ぶだけです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ   にほんブログ村 環境ブログへにほんブログ村 にほんブログ村

コメント