氷河期世代で「達観」しているひと、増えてない?

氷河期世代 達観している人 社会コラム

どうも部員Xです。

いままで氷河期世代の方々の置かれている状況についていろいろと記事にしてきましたが、「達観」している人がすごく多いのでは・・・と思ったので、それについて思ったことを書きたいと思います。

 

【就職だけではなかった】氷河期世代に「負」を全部押し付けすぎな件
氷河期世代が押し付けられた負を整理しました。氷河期世代の雇用対策を・・・!!と最近良くニュースになってますが、うまく行かない気がするのは自分だけでしょうか。にしても氷河期世代って、ホントキツイ。団塊世代、バブル世代の「ツケ」「負」をすべて背負わされている、と。
【橘玲さんの記事】消費税より社会保険料が本当にヤバい
どうも部員Xです。 橘玲さんの記事をヤフーで読んだので、それについて思ったこと・・・というかホント社会保険料なんとかしてくれよ~という話です。

 

データソースがあるわけでも分析するわけでもないんで、あくまでも自分の内心で感じたことですので、悪しからず。

 

結論的には

・氷河期世代の方が「達観」すると日本の今後はいよいよヤバい

・個人個人好きな生き方をすればOK

・健康が一番大事

 

です。

これ(氷河期世代が達観すること)により、団塊世代を支える世代が無くなること、そしてその下の世代の負担がさらに上がることに繋がるので、タダでさえヤバいのにもっともっと日本のオワコン化が加速する、と思うのです。

 

いよいよもって日本ヤバいですね。。。

悲観しかない、ゆえに行動せねば・・・と

 

スポンサーリンク

なぜそう思ったのか、きっかけの説明

この時期(12月)は飲み会が多いので必然的にいろいろな人としゃべるのですが、とある40代のバリバリ氷河期世代の方としゃべっていた時の話が印象的だったのです。

 

話としてはこんな感じ(話としては日本は今後どんな感じになるのかな、みたいな流れでした)

(自分)将来が不安なので投資してますよ!!

どうせ長生きしないし、投資はしないよ

持っているお金は自分の葬儀代で使い切りかな・・・

 

40代の氷河期世代の方すべてがこういう考え方ではないのはもちろんですが、他の世代に比べたら多いのでは。いわゆる「達観」なんですよね。自分みたいに、「悲観しているが故に、前向きに考える」というベクトルではなく、「達観」なんです。

 

スポンサーリンク

社会保障にしがみつく気があまりないのでは、と一考

これも完全に自分の感じたことなので、エビデンスはないのですが、氷河期世代の方って、「社会保障にしがみついてまで長生きする気はない」って価値観の人が多い気がするんです。

 

上の世代の社会保障費を支えるつもりがあまりないから、自分も社会保障を受けてまでダラダラ長生きするつもりはない、という考え方です。

 

「国が悪い!政策が悪い!大企業が悪い!経営者が悪い!!」

「国は俺たち氷河期世代を支えろ!!老後まで支えろ!!」

 

みたいな声も当然あると思います。

でも、置かれた状況は受けいれるけど、自分は自分の生き方をする、こんな価値観の人が多くなってきている、そんな気がするんです。

 

「生活保護を受けてまで、長生きしてもしゃーない。」こんな感じですかね。

 

私はこういう考え方、価値観を否定する気はないです。むしろ潔くていいと思います。

 

が、現実は現実で見ないとね。ってことで次項で現実を見ていきます。

 

スポンサーリンク

なぜいま氷河期世代の支援に躍起になっているのか

今更になり、氷河期世代の就労支援とかをしている理由を考えてみれば、氷河期世代が「達観」することの恐ろしさがわかると思います。

 

【橘玲さんの記事】消費税より社会保険料が本当にヤバい
どうも部員Xです。 橘玲さんの記事をヤフーで読んだので、それについて思ったこと・・・というかホント社会保険料なんとかしてくれよ~という話です。
【将来真っ暗】冷静に社会保障給付費の推移を見てみる【投資するしかない!】
将来が不安すぎると常々言ってきてますが、私の中での一番心配なのは「社会保障を受けられるか」という点です。今回は社会保障給付費について現状を見ていきたいと思います。
「金貯めても年寄りになっちゃ意味ないw」←それ以上に惨めな老後になる件
「若いうちからそんなに金貯めてどうするんすか」みたいなことけっこう聞かれます。これを聞いてくる人はあまり投資や貯蓄を行っていない人が多いんですが、私から言わせると、「よくそんなに金使えるな・・・」です。今回は若いうちから資産を増やすべき理由について、書いて行きたいと思います。

 

このあたりの記事で書いたのですが、日本の社会保障給付費は今後も増え続けていくわけです。団塊世代だけでなく、氷河期世代が需給世代になるといよいよヤバいって話です。

 

お上の考え方としては、

・氷河期世代に働いてもらい、団塊世代の社会保障費を稼いでもらう(75歳くらいまで働けよ!)

・氷河期世代に年金を納める&自分で資産形成してもらい、氷河期世代が生活保護にならないようにしてもらう

 

って魂胆があるので、表向きは氷河期世代のため!!って言ってますが実際には団塊世代の今後20年を支えてほしいってわけです。

ホント、氷河期世代に負を押し付けすぎ。

 

で、この氷河期世代が「達観」しちゃうと、いよいよもって、ヤバい。

「社会保険料を納めるだけ納めて早死にしてくれるからラッキー」って思うかもしれませんが、氷河期世代は人口のボリュームゾーンでもあるので、労働力として70~75歳くらいまで働いてほしいわけです(お上としては)。

うーん、どうしたらいいんだろうなぁ・・・。

 

スポンサーリンク

結局のところ、自分にとって何が幸せかで考えればいい

正直、今後の日本への処方箋があまり浮かばないので、好きに生きればいいと私は思います。

 

財政出動してやれること(日本の労働者の生産性を上げる(実質賃金を上げる、インフレにもっていく)、これが解決策だと思うのですが)はやってほしいんですけどね。氷河期世代を直接救えるかと言ったら、疑問。私の世代(30代中盤)以降がガンガンイノベーティブなことをたくさんやって、生産性が向上すれば、その恩恵を氷河期世代も受けられる、という考え方はあると思いますが、現役時代苦しいだけして、老後豊かになっても・・・ね。

※私は現役時代も老後もまんべんなく豊かになってほしいという考え方

「金貯めても年寄りになっちゃ意味ないw」←それ以上に惨めな老後になる件
「若いうちからそんなに金貯めてどうするんすか」みたいなことけっこう聞かれます。これを聞いてくる人はあまり投資や貯蓄を行っていない人が多いんですが、私から言わせると、「よくそんなに金使えるな・・・」です。今回は若いうちから資産を増やすべき理由について、書いて行きたいと思います。

 

 

達観して、早死に(働けなくなるまで)して金を使い切る人生もよし、生活保護を受けて長生きするもよし、バリバリ仕事して投資して資産形成するもよし、個人個人で幸せの形を考えて、それに向かって生きていくのが答えになるのかなぁ。

 

今も老後も全力で豊かになるぞ!幸せになるぞ!!って考え方の人が増えれば、一番いいとは思います。でもまぁ、私みたいな、「悲観しているが故に冷静に現実を見て、今できることをする」ってのもまぁまぁ(・∀・)イイ!!と思ってますw

 

スポンサーリンク

一番大事なのは、健康。

少し話それますが、どんな生き方をしてもやっぱりベースは健康であることが一番だと思います。

 

私、風邪ひくことってめちゃんこムダだと思う人間なのでw

長生きしたくない人も「今は健康でいる」方が100%いいです。なぜならば「変化に対応できるから」です。長生きしたくなるようなことが起こるかもしれないですからね!

「変化」への対応は金も大事だけど、やっぱ健康じゃないきついです。いつ訪れるかわからない外的要因の「変化」、自分から起こす自発的な「変化」、そのどちらも健康じゃないと受け止めきれない、決断できない。そう思います。(実際、私も転職するときにかなりエネルギーいりました)

 

ってことで、残業なんかしちゃダメ。健康に悪いです!!時間単価も下がるし!!

 

以上

ではまた。

--------------------以下広告--------------------

↓↓私(部員X)のメイン証券会社はSBI証券!!米株ETFを日本から最安で買うにはSBI証券ですね。

↓↓普段飲んでいる水は水道水ですが、外に出る時は買いだめしたクリスタルガイザー飲んでます。防災備蓄としてもオススメ。

クリスタルガイザー 水(500mL*48本入)【rdkai_04】【クリスタルガイザー(Crystal Geyser)】[水 ミネラルウォーター 500ml 48本入]【送料無料(北海道、沖縄を除く)】
created by Rinker

--------------------ブログ村--------------------

ブログ村参加してます。クリックよろしくお願いいたします。

※クリックするとブログ村ランキングのリンクに飛ぶだけです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ   にほんブログ村 環境ブログへにほんブログ村 にほんブログ村

コメント