【アゲアゲ相場】2019年の投資成績を振り返る~投資信託~

2019投資信託成績 投資

どうも部員Xです。

今日は大晦日ですね。今年も本当に早かったなぁ・・・。年越しということで、仕事、プライベートを振り返る人も多いかと思います。今回は投資信託の今年1年の成績を振り返ってみたいと思います!!

 

ちなみに仕事は可もなく不可もなしで、できるだけ残業を減らすよう努力した結果、源泉徴収票の額面は650万円。割とちゃんと評価してくれたので、正直嬉しかったかもw

プライベートは健康そのものでこれまた可もなく不可もなし。全然消費も浪費もしてないけど、後半はブログを頑張ったので、割と充実感あり。

 

話を戻して、2019年の投資信託の成績ですが、結論として

2019年だけで、228万円のプラスです。めっちゃ利益が出ております。

アゲアゲ相場だったので。

 

スポンサーリンク

2019年の日経平均とダウ平均、S&P500を軽く振り返る

2019年の日経平均は以下の通り。

2019年日経平均

2018年最後の下落から6月くらいまでは右肩上がりで回復し、8~9月に一旦落ち込むも、秋口~年末にかけてはまた右肩上がり。一年通してみると、年初から4000円近く株価が回復しております。

この辺の考察は、下記の動画がおすすめです。

2019年アベノミクス成果は? 安達誠司のマーケットニュース 江崎道朗【チャンネルくらら】

安達誠司さんの予想・考察はほんと、信頼できます。

消費増税があったたのに順調に株価が伸びたの市場の予想と真逆・・・。「普通に考えれば」が通用しない。ほんと株価の予測は個人レベルでは無理ですね、プロでも無理なんだもんw上がるか、下がるかですらわからない。

 

まぁ各種アナリストの方もいろいろな事情があるんだろうな、と思いますね、提灯記事というか。アナリストが下がる下がる言っても、実際の相場が上がったらこのアナリストのことなんて全く話題にならないですもん。上がる上がる言ってて下がったら叩かれそうだけど、下がる下がるの人は気楽ですよね、正直w

 

動画の中にもありますが、国内旅行が11~12月で激減中とのことなので、消費増税の影響がこのあと本格的に出てくるかも・・・と。景気対策もかなりのボリュームですが、増税してる上での景気対策って、得意のアクセル踏みながらブレーキかましてる状態だと思います。景気回復させたいなら減税+財政出動だろと思いますけどね・・・。

 

次にダウ平均株価。

ダウ平均株価2019

こちらも2018年暮れに下がっていたため、2019は反動的に回復した印象。米中貿易摩擦も一定の結果が出て、株価を後押しました。経済指標も概ね好調。とくに雇用関係はいまものすごく良いです。2020年は大統領選挙があるので、今後も注目です。(といっても、自分の投資方針には何が起こっても気にしないんですけどね)

 

ちなみに、過去最高値が2019年の終わりに連発してました。過熱感がある・・とよく言いますが、これもわからないわけですので、個人的には気にしていません( ー`дー´)キリッ

エラー|NHK NEWS WEB

 

次にS&P500です。

S&P500 2019

こちらもダウ平均株価と同様に最高値更新してます。

 

ですので、2019年はアゲアゲ相場。買ってホールドしてれば素人でも儲かった年です。

 

では私の保有する投資信託の成績を見ていきましょう!!

 

スポンサーリンク

2019年の投資信託の成績 まとめ

購入している投資信託については下記記事を参照。

今 積み立てている投資信託について 201909 ~30歳半ば 独身男性の投信積立を公開~
どうも、部員Xです。 下水道だけでなく、投資のネタも投稿していきたいとおもいます。 今現在2019年09月の積み立て設定ですね。 投資信託積み立てのみです。

 

投信の成績は以下になります。

2019投資信託成績

ちなみに、上記表はSBI証券の口座管理→トータルリターン→銘柄一覧で対象期間を絞ると出せます。便利機能ですね。

 

SBI証券投資信託トータルリターン

え~結論的に言うと、

アゲアゲ相場にのっかるインデックス投信ばっかりなので、めっちゃ儲かりました。

なんと、228万円のプラス。2019年だけで、228万円のプラスです。

なぜ上がったのか、とか細かい分析は意味がないのでやりません。購入しているインデックスが全体的にアゲアゲだったから、ですので。

 

スポンサーリンク

銘柄ごとの

投信ごとの成績をかるく見ていきましょう。

2019投資信託成績

トータルリターン率の年率だけでみると、SMT外国株インデックスが28%でトップ!!

たわら先進国、Slim先進国株式インデックスと同じ「MSCIコクサイ・インデックス」がターゲットとなるインデックスなので、リターン率の差は積立時期の差ですね。

 

SMT外国株インデックスは投資元本自体は少ないのですが、積み立てていた時期が2010~2017年でしたので、だいぶ昔に買った口数の評価額が効いているということでしょうね。※2019年は積立ていない。

 

あと、SMT外国株インデックスは今となっては化石的な銘柄。信託報酬等のトータル手数料率が0.55%と昨今の同類のインデックス投信と比べたら5倍位高いです。当時は一番安かったんです。てか、これしかなかったレベルで安かったです。

※評価額がプラマイゼロになったら手放そうと思ってます。

 

新興国系のインデックス投信はやっと復活してきました。ただ、先進国と比べると正直、イマイチ。この理由については気になるので、調べておこうと思います。

 

スゴロクはバランスファンドなので、こんなものかなと。

SBI-EXE-iグローバル中小型株式ファンドはMSCIコクサイ・インデックス以外のインデックスを使用した先進国系インデックス投信を買っておきたいと言う理由で買ってますが、こちらもパフォーマンスはMSCIコクサイ・インデックスに負けましたね。

 

ってことで2019年単年でみると、MSCIコクサイ・インデックス、というかアメリカ株がとにかく強かった!!ですね。アメリカ株インデックス投信の「楽天・全米株式インデックス・ファンド」などはMSCIコクサイ系よりさらにリターンが高かったため、2019年はアメリカ株ゼンツッパだったら相当好成績だったでしょうね。

スポンサーリンク

今年が良すぎた、と常に心に留めておくこと!

ってことで、今年はめっちゃ儲かったわけですが、あくまでもたまたま今年がアゲアゲ相場だっただけで、来年以降、どっちに転ぶかはわかりません。

 

ただ、いろいろな識者の話を効いていると「来年は今度こそ下がるぞ!!」とよく聞くので、来年は崖に落ちる可能性がある!!!と心に留めておきます(まぁでも、2019年はヤバイヤバイって話がかなりあったことを覚えていますが、実際蓋を開けてみたこの結果ですからね。相場はわからんのです。)。

なので、相変わらずドルコスト平均法で積立を続けるのみ!!( ー`дー´)キリッ

 

とりあえず投資信託編は以上。いやでもほぼ投資信託しか買ってないので、たぶんこれしかやらないですねw

 

ではまた。

--------------------以下広告--------------------

↓↓私(部員X)のメイン証券会社はSBI証券!!米株ETFを日本から最安で買うにはSBI証券ですね。

↓↓普段飲んでいる水は水道水ですが、外に出る時は買いだめしたクリスタルガイザー飲んでます。防災備蓄としてもオススメ。

クリスタルガイザー 水(500mL*48本入)【rdkai_04】【クリスタルガイザー(Crystal Geyser)】[水 ミネラルウォーター 500ml 48本入]【送料無料(北海道、沖縄を除く)】
created by Rinker

--------------------ブログ村--------------------

ブログ村参加してます。クリックよろしくお願いいたします。

※クリックするとブログ村ランキングのリンクに飛ぶだけです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ   にほんブログ村 環境ブログへにほんブログ村 にほんブログ村

コメント