弱者救済のために必要なこと⇒とにかく経済成長すること

弱者救済のために必要なこと⇒とにかく経済成長すること社会コラム

どうも部員Xです。

メンタリストDaiGoさんの生活保護受給者やホームレス者ディスり問題(すでに謝罪済み)がここ最近盛り上がってますね。失敗小僧。さんはじめ、いろいろなYouTuberがこの問題取り上げてます。世間および大方のYouTuberの論調は「DaiGoさんあかんでそれは」って感じで、私もそう思います。

いろいろな意見が言えるのがここ日本であり、他人を多少傷付ける発言かもしれないけど、自由に発信すればいいと思います。誰も傷つかない言動なんてないですからね。ただ、発信媒体の基準とか規制がある場合とか、スポンサーなどが関わってくる場合は発信者は配慮が必要でしょう(ダイゴさんが謝った理由はこのへんかなと。本心はわからないので)。

 

で、この問題(生活保護やホームレスの対策に金を回すくらいなら他に回せ@高額納税者)について私の考えを少しだけ書こうかな、と。

 

結論としては、タイトルにあるとおり

経済成長すればOK

 

となります。一人あたりGDPが上がる、と言ってもいいですね。

経済成長すれば、様々な社会的な問題に蓋がされる。

 

 

・・・わかりますよね? この考え方。

 

今の日本社会って、

・普通の人に「弱者に配慮する余裕がない」

・高額納税者=自らの力で成功を掴んだ人の集まり

 

なんですよね。

on the Railで豊かに幸せに成れる時代ではなくなった・・・と。

右肩下がりの中ではどうしても問題が顕在化する・・・と。

 

経済成長する=上をみる 経済成長しない=下を探す

経済成長してる世の中って(私が経験したわけではないですが)上を目指すために努力するマインドになるんだと私は思ってます。

逆に、ジリ貧の右肩下がりの世の中(今の日本ね)は、「自分より下がいることに安心する」マインドになります。

 

自分のリソースを、上に向かう方向に使うか、下に落ちない方向に使うかの違いと言えます。上に向かう力は0からプラス方向に行こうとすることであり、下に落ちない力は0からマイナスに落ちないように抗うこと・・・

 

同じ上方向のベクトルなんですけど、意味合い的には、

上に向かう力ってのは、滝を登りきるために必死に泳ぐこと

下に落ちない力ってのは、滝に落ちないように必死に泳ぐこと

 

この表現でわかりますかね・・・?w

 

もっと言い方を変えると、

経済成長している世の中は、上を見て羨むこと(妬むことではない)

経済成長していない世の中は、下をみて安心すること

 

世の中って、個人や世帯単位の比較(経済的とかいろいろなものを全部ひっくるめた幸せの比較)で、かならず上と下がいるわけです。そりゃビル・ゲイツさんとか孫正義さんレベルになると天井って言っちゃてもいいと思うんですけど、普通の人・世帯は他と比較したら必ず自分より上、自分より下っているわけです。

 

その比較対象を上で見る方が健全で、下でみる方が不健全、非生産的って私思うんですよね。

 

上をみて羨み、憧れるから、自分も頑張る、努力する、協力する。

これが健全。

逆に下を見て、蔑視する、卑しめる、侮慢するから、そうならないように抗う。

これは非健全。というか非生産的。

 

私のマインドも 上を妬み、下を見て侮慢してしまっている

かく言う私もですね、正直にいって完全に下を見てるマインドになってしまってます。

転職して投資して、それなりの資産を築いたわけですが(なお独身w)・・・成功してる人を羨む気持ちより、妬む気持ちが先に来てるし、生活保護のひとを見てああは成りたくない、って思ってしまってます。

でも、私は悪くないです( ー`дー´)キリッ(と思ってます)。

 

経済成長しない世の中が悪い!!(他責w)

 

ホントはもっと上をみて、また転職するとか副業に本気で手を付けるとか・・・まぁやろうと思えばやれることは(行動すること( ー`дー´)キリッ)多々あるのに・・・全然やる気ないですからね。

 

成功する人は運のいい人

特別に努力できる人

親が金持ちな人
・・・
でしょ、どうせ。。。

オレが努力してもねぇ・・・。

どうせサラリーマンで頑張っても同一労働同一賃金じゃないから働かないオジサンに給料で全然勝てないし、頑張る意味ないわ~~

むしろ働かないオジサンになりたいわ~

 

とね。まぁやる気ないわけです。

でも、年取ってからひもじい生活はしたくないし、リーマンを続けて投資してる・・と。

 

私は経済成長する世の中!!で社会人をしたことがないのでね・・・。上をみることができなくなっている感がありますね。

もちろん、こんな世の中でも向上心がめっちゃある上昇志向のインフルエンサーや成功を勝ち取った人もたくさんいるんですが、大多数は私のようなマインドをもってると思います(これは私の想像妄想憶測です)。

でも、経済成長していない世の中でそのような向上心のある少数の人が活躍するということは、全体のパイ(すなわち右肩下がりになっていくGDP)をとっていくということになるので・・・

 

やっぱ、全体のパイを大きくしないとダメなんですよね、そうしないと、向上心(今まで散々書いてきた、上に向かう力)が生まれないので。

 

生活保護を始めとした社会保障は経済成長のお零れで行うべき

生活保護やホームレス支援といった社会保障の必要性は「治安維持」(これは失敗小僧。さんの意見ですが、私も同じ意見)のために当然必要だと思ってます。

 

問題は財源です。

でも財源論はしょーじき、私が理解しきれてないw

MMT!!MMT!でうまくいくならそれでいいと思うし、税金で100%賄うのも正しい気がします。なので、ここでは財源論について深く考えないことにします。

 

私は、社会保障のなかでも、弱者救済系の社会保障である生活保護やホームレス支援の財源「経済成長のお零れ」で行う、という考え方が良いと思います。

まぁ税金って言えば税金なんですけど。

 

経済成長によって得られた富の一部を弱者救済に回す、という発想です(今もそうだと思うんですけどね)

 

今年は儲かったなぁ

でも税金大量に取られて、その税金がなにも生み出さない人たちに使われるのは正直イヤだね!

落ちたら上がってこれなそうだからシガミツクぞ!

↑これが経済成長してない状態。パイが大きくならない中で奪い合いをしているとこういうマインドになり

逆に、

今年は儲かったなぁ

税金めっちゃ取られたけど、来年は今年以上に儲かりそうだから気にしない!もし失敗したら収めた税金を生活保護という形で貰えばいいわ!!

失敗してもまたチャレンジするぞ!

↑これが経済成長している状態です。

この方が明らかに健全ですよね。

 

みなが向上心もって金を稼いで、そのお零れ(まぁ税金ですw)で弱者救済する。これが健全ってことです。

 

でも、今の日本はそういう状況になってないってことですね。

 

アメリカは経済成長してて、GAFAMで働いている人たちをはじめ、常に上を向いて生きている人がたくさんいるはずです(アメリカの実情を知らいないので、これも想像妄想憶測ですが)。寄付の文化もありますけど、それは実質的に税金の借り換え(?)みたいなもんですし、基本的な社会保障の構造は「経済成長のお零れ」だと思うんですよね。

 

おわりに 言いたいことは とにかく経済成長してくれ!!

ってことで、見返すとまぁ、まとまりないし何を言いたいのかよくわからないこと書きまくってるんですが、「勢い」を大事にしたいので、誤字脱字以外は直しませんw

ここまで読んでくれる人は殆どいないでしょうしw

 

言いたいことは、経済成長すればこういうこと(ダイゴさんの発言)は問題発言にすらならないのでは、と思います。たぶん、社会の許容性、寛容力って経済成長と比例すると思うんですよね。

 

あ~こんなこと言っちゃダメだろう。。。動画見るのやめよう。

 

くらいで済むきがします。徹底的に叩くのではなく、無視する(ダイゴさんの発信を無視する)方向で社会的な制裁を加えるのではないかな、と。

ダイゴさんのような発想を持つ人が一定程度いるのは仕方がないこと。

 

とにかく経済成長。これがすべての問題をある程度解決する(完全には解決しません)。そう思ってます。経済成長していれば、社会の負の部分に蓋をすることができる。そういうことです。

 

※利権構造とか、良くないことだと思うけど、世の中が経済成長していれば、皆あまり気にしないから問題として表面化しない。そういうことですね。

 

明日以降の未来が明るい。それが経済成長なんです。

 

 

ということで、今回は以上です。

 

ではまた!

 

--------------------以下広告--------------------

常備している水です。防災用としても!

節約の基本は健康から!!私の歯磨き粉のオススメは高いけどクリーンデンタルです

クリーンデンタル+リステリンの組み合わせでここ最近虫歯なし!!(事実)

↓↓私(部員X)のメイン証券会社はSBI証券!!米株ETFを日本から最安で買うにはSBI証券ですね。

--------------------ブログ村--------------------

ブログ村参加してます。クリックよろしくお願いいたします。

※クリックするとブログ村ランキングのリンクに飛ぶだけです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ   にほんブログ村 環境ブログへにほんブログ村 にほんブログ村

コメント