【愛国者ゆえの悩み】私が日本に投資しない理由を整理する

【愛国者ゆえの悩み】私が日本に投資しない理由を整理する投資

どうも部員Xです。

今日は悩み打ち明け記事です。

私は、先進国株式(日本除く)インデックスファンド積立投資+アメリカ高配当株ETF投資でそれなりの資産を築いて来たわけですが・・・本当は生活している国である日本に投資できればな~ってかなり思ってるんですよね。

 

私、愛国者なんですw

でも、全然日本に投資してないんですよね・・・。

 

たぶんこういう人けっこういると思うんですよね。投資してるけど、日本にほぼ投資してないって人。今回は「なぜ日本に投資できないのか」の理由を整理していきたいと思います。

 

ホント、悲しいですよね。

 

↓大人気YouTuberの両学長も最近似たようなニュアンスの動画出してました。

 

日本維新の会が発表した、「日本大改革プラン」のppt資料の34Pまで(全部で70Pくらいの資料ですw)ず~っと「日本オワコンでやべぇぞwww」という資料があるので、オススメですw

※「日本大改革プラン」はここからDLできます。

https://drive.google.com/drive/u/0/folders/1hcsZOpL-v9FWs_vOBnOnGw_bMHDUS_zK

 

GDPが全然成長していない

日本はGDP(国内総生産)がここ30年ほぼ横ばい・・・。

日本GDP成長率

画像引用:グーグル検索

 

円建てのGDP推移が下記グラフです。

日本のGDP推移

引用:https://jp.gdfreak.com/public/detail/jp010010001010100001/1

 

ちなみにアメリカ、中国のGDP推移と比べるとこんな感じ↓。ぶっちゃけこれが結論ですよね。全然成長してない。

YouTuber失敗小僧。さんも言ってましたが、あえて「0成長」あえて「デフレ政策」をすることで、すでに資産を持っている高齢者の資産が目減りしないようにしているとしか思えないと言うか・・・。

 

画像引用:グーグル検索

アメリカはすごいなぁ・・・。

 

んで↓これがGDP成長率の推移。ほぼ30年ゼロ成長。

日本GDP成長率

画像引用:グーグル検索

 

まさに失われた30年ですねぇ・・・。右肩下がり。

ちなみに私はいま30歳代中盤ですから・・・(ry

まぁ、氷河期世代の方々と比べたら正直、全然マシですけどね。大学卒業した時期にリーマン・ショックきましたけどw

氷河期世代の方は、ず~っと新卒採用絞られてましたからね。。。

 

あと、消費者物価上昇率も見ていきましょう(インフレ率ですね)。

消費者物価指数

引用:https://www.globalnote.jp/

 

就職氷河期とデフレ期ってホント重ねってますね。1990~2000年に正しい経済政策をしていれば・・・違った今や明るい未来が見えたかもしれないと思うと・・・。正直、イラッとしますよね・・・w

 

まとめると、日本はここ30年感成長してないってことです。悲しい。

 

日本は人口が全然増えていない(むしろ減っている)

人口とGDPは関係ない、という意見もあると思いますが、私は人口とGDPは概ね相関していると思っております。そして、消費の中心である、労働人口が多いことが経済成長の素地であると思っております。

 

日本とアメリカのここ30年の人口推移はこんな感じです↓

日本とアメリカの人口推移

引用:https://www.globalnote.jp/

ここでもアメリカはすごい。。。

 

あと、高齢化率(人口に占める65歳以上の割合)のランキング↓

高齢化率ランキング

引用:https://www.globalnote.jp/

ちなみに、アメリカは16%、中国は11%くらいですね。

 

人口が伸びてない&高齢化率がドンドン上がっております。そりゃ消費が伸びるわけも無く、成長もしないと。合計特殊出生率とか出生数、人口増加率とか出すと悲しくなってきますので、出しません。

 

まとめると、今後の日本は人口が減って、高齢化率がドンドン上がっていきますよ、と。そんな国が成長できますか、と。

 

あと、教育に金かけてないってところも気になりますね。

会員登録すると会員限定データ・機能もご利用できるようになります。 便 利 機 能 国名表記切り替え 日本語表記英語表記 データ並べ替え ランキング順国名順 グラフ表示 表示データダウンロード 使い方ガイド 公的教育費の対GDP比

引用:https://www.globalnote.jp/

 

他にもいろいろデータあるんですが・・・まぁ結論は変わらないですね。

老人にばっかりお金を使って、若者には使ってないってことです。

そんな環境で果たしイノベーションが生まれるのか・・・と。

 

いかん・・・ホント日本に投資する気が一切なくなってしまったかもしれない・・・wちゃんと調べると良いデータがホント出てこない。ヨーロッパの先進国も正直、あまりいい状況では無いとは思いますね。

 

じゃあどこに投資するの? けっきょくアメリカ。

日本に投資しない理由=アメリカに投資する理由 って図式にぶっちゃけなっちゃいますよねw

数字上は中国の成長がものすごいの目に見えて明らかなわけなんですが、、、やっぱちゃんとした民主主義、ルールを守った資本主義を貫いている国に心情としては投資したいわけです。

となると、やっぱアメリカメインになっちゃうんですよね。

格差がものすごいとか、医療費がすげぇ高いとか、銃社会とか、まぁ日本に比べると良くない点も多々あるんですが、イノベーションが生まれる素地がアメリカはすごいですよね。

 

アメリカに最先端人材が簡単に集まる根本理由 | アメリカ
アメリカに来てから2カ月、筆者はサンディエゴだけではなく、同じカリフォルニア州でイノベーションの聖地ともみられているサンフランシスコ、アマゾンやマイクロソフトが本社を構えるワシントン州のシアトルにも…
なぜアメリカでイノベーションが生みだされるのか : 「データで経済を見る」
 2018年の「世界時価総額ランキング」をみると、1位から5位までをアメリカのIT関連企業が独占している。 「世界時価総額ランキング」を1992年と2018年で比較すると、この26年間ですさまじい勢いで変化していることがわかる。企業の顔ぶれが変わっているだけでなく、時価総
シリコンバレーでイノベーションが繰り返される理由
ボランティア精神と人脈こそが、シリコンバレーのイノベーションの源泉。マネーは稼いだ人から、必要とする人へと常に循環していく。
なぜ今、テクノロジー分野はアメリカ「独走」なのか? 〜Appleやgoogleがヨーロッパで生まれない理由(ジェイムス・B・スチュワート) @gendai_biz
数多くの良質な大学を抱え、豊かな消費者も資本もある。それなのにヨーロッパは、テクノロジー分野でアメリカに完敗し続けるのか。日本人にとっても耳の痛いその理由とは?

 

イノベーションがドンドン生まれるから、投資資金が集まって、そこからまたイノベーションが生まれて・・・と。少なくとも今はアメリカ一人勝ちの状況ですね。そこに私は素直に乗っかっていきたいと思いますw なんも分析とかやらない人なんで、世界経済の成長をアメリカが引っ張っていってくれることを信じております。

 

ホントは、ホントはですよ、日本に投資したいんです。日本という国は大好きだし、日本円で給料もらって生活しているわけですからね。仕事もインフラ系で国民のために頑張ってますしね。

でも・・・経済政策と財政政策がホント、クソ。1990~2010年くらいの20年間がマジでダメだった。これが致命的でしたね。政治家も当時の官僚も誰も責任取らないし、大した追求もされないからなぁ・・・。こんな国に投資できないですわ。

まぁ毎回私はちゃんと選挙で投票に行ってるんですが、なんも変わってない。そして、有権者の大部分は私より年上で・・・今後少なくとも15年は変わらないでしょうね。団塊世代は長生きしそうですし。

 

ってことで、今回の記事では、「日本に投資したいけど投資できない・・・」ということネタにしました。

日本に投資できない理由はとにかく経済成長できなそうだから、という結論です。

 

日本に投資できるように政治家の皆さんには頑張ってほしいですね。日本で稼いでるのに、日本に投資しない人ばっかりってホント悲しいですよ。

 

ということで今回は以上です。

 

ではまた!

 

--------------------以下広告--------------------

常備している水です。防災用としても!

節約の基本は健康から!!私の歯磨き粉のオススメは高いけどクリーンデンタルです

クリーンデンタル+リステリンの組み合わせでここ最近虫歯なし!!(事実)

↓↓私(部員X)のメイン証券会社はSBI証券!!米株ETFを日本から最安で買うにはSBI証券ですね。

--------------------ブログ村--------------------

ブログ村参加してます。クリックよろしくお願いいたします。

※クリックするとブログ村ランキングのリンクに飛ぶだけです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ   にほんブログ村 環境ブログへにほんブログ村 にほんブログ村

コメント